UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第5節でベルギーのアンデルレヒトと対戦したバイエルン。

試合は後半、ロベルト・レヴァンドフスキのゴールで先制すると、一度は同点とされたものの、フランス人DFコランタン・トリソの勝ち越しゴールで2-1と勝利した。

しかし試合後、バイエルンのDFジェローム・ボアテングは「最悪の試合の一つ」と厳しい表情で振り返った。

勝利したのに「最悪の試合」?その理由は以下の動画から

既に決勝トーナメント進出を決めているバイエルンはこれで勝点を12に伸ばしたものの、勝点3差でグループ首位に立つPSGがセルティックに7-1と大勝したため、逆転での首位通過は困難な状況となっている。