『Mirror』は24日、「2016−17シーズンに入場禁止になったサポーター数のクラブ別ランキング」という記事を掲載した。

この所イングランドでは「フーリガン」と呼ばれるような暴力的なファンの数が減少していると言われている。

しかしその中でも時折スタジアム周辺で事件が発生し、入場禁止処分を受けるサポーターも少なくはない。

ではその数をクラブ別で見てみると?こんなランキングになるそうだ。

入場禁止サポーター数

1位:ニューカッスル・ユナイテッド(111人)

2位:ウォルヴァーハンプトン(75人)

3位:ウェストハム(57人)

4位:ミルウォール(55人)

5位:マンチェスター・ユナイテッド(49人)

6位:リヴァプール(44人)

7位:バーンズリー(43人)

8位:チェルシー(42人)

9位:バーミンガム・シティ(41人)

10位:バーンリー、ブリストル・シティ、ブリストル・ローヴァーズ(39人)

なお、2016−17シーズンのプレミアリーグ20クラブでは以下のとおりとなっている。

プレミアリーグのクラブにおける入場禁止サポーター数

ボーンマス:4人

アーセナル:23人

バーンリー:39人

チェルシー:42人

クリスタル・パレス:22人

エヴァートン:30人

ハル・シティ:21人

レスター・シティ:10人

リヴァプール:44人

マンチェスター・シティ:18人

マンチェスター・ユナイテッド:49人

ミドルズブラ:33人

サウサンプトン:16人

ストーク・シティ:12人

サンダーランド:23人

スウォンジー・シティ:10人

トッテナム・ホットスパー:28人

ワトフォード:10人

WBA:16人

ウェストハム・ユナイテッド:57人