43歳の元ブラジル代表MFゼ・ホベルトが今年限りで現役から引退するようだ。所属するパウメイラスがその旨を発表した。

これまでレアル・マドリーやレヴァークーゼン、バイエルン・ミュンヘンなどでプレーしてきたゼ・ホベルト。

今季もリーグ戦14試合に出場してきたが、日本時間28日に行われるボタフォゴとのホーム最終戦がラストマッチになる可能性がある。

ただ、本人のメッセージでは引退には言及しておらず、アリアンツ・パルケでの最後の試合になるのでファンにお別れをしたいというもののようだ。