大陸間プレーオフを勝ち抜き、ワールドカップ出場を決めたオーストラリア代表。だが、その後アンジュ・ポステコグルー監督は退任することになった。

そんななか、『news.com.au』では後任候補について伝えている。

それによれば、オーストラリアサッカー連盟はスラヴォルユブ・ムスリン氏と接触しているという。

64歳のムスリン氏は前セルビア代表監督。昨年5月にセルビア代表に着任すると、ワールドカップ欧州予選を首位で突破。だが、出場決定後に契約解除となった。

本人はその理由について、「本大会でのチーム方針についての相違から我々は破綻した」と述べていたとも。

『news.com.au』によれば、そのムスリン氏はすでに豪州入りしているようで、後任候補の筆頭になっているとのこと。果たして…。

【厳選Qoly】EURO2024、スペイン代表から漏れた「驚きのスター5名」