2017シーズンも全試合フルタイム出場を果たした横浜F・マリノスの中澤佑二。

これで4季連続の達成となり、連続試合数は「153」となった。

そんな中澤は最終節の浦和レッズ戦後、『DAZN』のフラッシュインタビューに登場。

インタビュアーである朝井夏海さんから連続試合出場の秘訣について問われると、意外な事実を教えてくれた。

中澤 佑二(横浜F・マリノス)

(そして、中澤選手と言えば4年連続フルタイム出場)

「…んふっ。
まぁそこはね、監督にゴマすってるのが8割くらいなんで、監督の力も大きいのかなと思いますし。

あとはチームメイトとかコーチ、スタッフ、いろんな人に支えられて今なんとか試合に出れているんで、引き続きそういったサポートを得ながらプレーしていければなと思いますけど」

(素晴らしいことだと思うんですけど、何か特別なこととかなさってるんですか?)

「だから監督にゴマするってことです。もうそれしかないですよ。

決めるのは監督ですからね。もう監督と一緒にいつも会話して、ヨイショして『お願いします』って言うだけです。

ただそれだけです」

4年連続フルタイム出場の秘訣は、監督への「ゴマスリ」?!

もちろんこの偉業は日々の鍛錬の賜物であるのは間違いないが、ユーモアある答えでファンを楽しませるのも中澤の魅力だ。いずれにしても、監督とコミュニケーションを取ることも大切なのだろう。