『FOX』は12日、「ルイス・ファン・ハール氏は、今やスモールクラブをビッグクラブに成長させることはできないと語った」と報じた。

昨年マンチェスター・ユナイテッドの監督を解任され、その後フリーの状態になっているファン・ハール氏。

『FOX』の番組に出演した彼は、レヴァークーゼンからのオファーを即座に断ったと話すとともに、現代ではビッグクラブに就任しなければ勝てないとの考えを明かした。

ルイス・ファン・ハール

「私はレヴァークーゼンからのオファーを受けていた。あのクラブは私にピッタリ適している。若いタレントがたくさんいる。

しかし、私はそのアプローチを即座に断ったんだ」

(ボルシア・ドルトムントがボス監督を解任し、シュテーガーを招聘した)

「ドルトムントは、バイエルン・ミュンヘンとは競争できないクラブだ。

現在のサッカー界における監督には、多くの時間が許されていない。

私であっても、もはや小さなクラブをビッグクラブに変えることはできない」