『Daily Star』は7日、「フランク・ランパードとスティーヴ・マクマナマンが、フィリペ・コウチーニョの移籍について語った」と報じた。

今冬のマーケットで最初の驚きとなったコウチーニョの移籍。リヴァプールからバルセロナに移った彼の違約金は1億4000万ポンド(およそ214.96億円)を超えた。

この取引について、解説者を務めている元イングランド代表MFフランク・ランパードは以下のように話した。

バルセロナはネイマールを売ったことから何らかの大物を引き入れてアピールすることが必要だったのではないかと示唆している。

フランク・ランパード

「バルセロナは、ネイマールの出来事があったから、それを受けて何らかの声明を出す必要があったのだろうか?

まあ聞いてくれ。コウチーニョはファンタスティックな選手だ。彼はバルセロナのための偉大な選手になることは疑いがない。

彼は退団したがっていた。そしてリヴァプールは今、このお金でいい人材を確保し、そこに投資することが重要だよ」
フランク・ランパード フィリペ・コウチーニョ

【次ページ】マクマナマンが「少しだけ驚いた」理由とは