イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティは、「ブラジル代表MFフェルナンジーニョと契約を延長した」と発表した。

加えられた期間は2年で、満了予定は2020年6月30日となっている。

2013年にシャフタール・ドネツクからマンチェスター・シティに加入したフェルナンジーニョ。

初年度からチームの中心的な存在となり、多くのタイトルに導いてきた。今季はチーム最多のタックルを記録しながら半年で30試合に出場するなど、目覚ましい活躍を見せている。ジョゼップ・グアルディオラ監督も「世界で3本の指に入る優秀なMFである」と評価していた。

フェルナンジーニョは契約延長に際して以下のように話し、最も重要なのは魅力的なサッカーをしようと試みていくことだと語ったという。

フェルナンジーニョ

「ここは素晴らしい未来を持っているクラブであり、出来るだけ長くプレーしたい。

ジョゼップ・グアルディオラが監督を務めていれば、需要なタイトルを獲得できると確信しているよ。

そして重要なのは、我々が魅力的で攻撃的なサッカーをしようと挑戦することだよ。

今後もこのクラブの一員になれることに満足している。そして、僕は今後数年間にもたらされるものを楽しみにしているよ」