リーガ第20節、レアル・マドリーはデポルティーボ・ラ・コルーニャを7-1で撃破した。

今季得点不足に悩むクリスティアーノ・ロナウドも2得点の活躍。ゴール後の流血シーンも話題になったが、試合前にはこんな出来事もあったそう。

ピッチに向かうトンネル内でマスコットキッズと話をするロナウド。『Cuatro』などによれば、このような会話だったそう。

キッズ「僕にとってあなたが世界最高の選手。メッシは…」

ロナウド「…悪い」

別のキッズ「最悪さ!」

当然ながらジョークではあるが、メッシをネタに盛り上がっていたようだ。