先月21日(日)に行われた川崎フロンターレの新体制発表会。

その模様はニコニコ生放送でも配信され、トークセッションに中村憲剛らが参加した。

そのなかで、話題はU-18に所属しながらも今回の綾町キャンプに参加した17歳のFW宮代大聖に。

宮代は日本代表として昨年のU-17ワールドカップにも出場しており、2得点をマークした同世代のエースである。

そんな才能あるタレントについて、練習でシュートを受けたGK新井章太はこんな言葉で評価していた。

新井 章太(川崎フロンターレ)

「凄いっす。本当に凄い。ビックリした、今回」

(何が凄いか言ってあげて)

「トラップ、ファーストタッチがめちゃめちゃ上手くて、シュートやばいっす、マジで。

今までで一番凄かったなっていうくらい」

(プロの選手で?)

「はい。

大久保、中村、小林、知念を合わせたようなシュートを打ってくるんですよ、アイツ」

宮代のシュートは、大久保嘉人や中村憲剛よりも凄い?!

いずれにしても、新井は宮代のプレーに大きな衝撃を受けたようだ。

ちなみにこの宮代、現在はU-19日本代表の一員としてスペイン遠征に参加中。中村憲剛も「高校生に見えない」と評価している。

今週末はアーセナルvsトッテナムに三笘vs三好!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら