先日行われたポルトガルリーグ、アヴェス対ボアヴィスタの試合で珍しい場面があった。

ホームのアヴェスが2点を先行し、迎えた70分。コーナーキックからヴィトール・ゴメスが3点目を決める!

しかし、彼のポジションがオフサイドなのではないかという助言から、主審はVAR(ビデオ判定)の使用を決断。

そして、一番わかりやすい角度からのビデオに映っていたのは…。(動画1:15~)

ボアヴィスタのサポーターが振っていたビッグフラッグ!

その状況の中から主審のファビオ・ヴェリッシモはゴールを認める決断を下し、アヴェスが3-0で勝利をおさめることになった。

故意だったのかどうかはともかく、もしかしたらこれがなければゴールは認められなかったかもしれないのに…。