『Sportskeeda』は14日、「アーセナルの中盤の問題を解決してくれるであろう4名の選手」という記事を掲載した。

今季も苦しい戦いが続いているアーセナル。特に中盤の守備に問題があると言われることが多くなっており、不安定さが目立っている。

その問題を解決してくれるであろう4名の選手とは?

マリオ・レミナ(サウサンプトン)

マリオ・レミナ アーセナル

2017年にユヴェントスからサウサンプトンへとやってきたガボン代表のボックス・トゥ・ボックス・ミッドフィルダー。

彼は深い位置で守備的な役割をこなしつつ、ボールを運んでいくこともできる。

まだプレミアリーグでは19試合しか出場したことはないものの、18分に1回のタックルorインターセプトを行っており、ドリブルの成功も42回。成功率は91%だ。

アーセナルは昨年夏に彼を獲得するチャンスがあったと言われているが、ヴェンゲル監督はそれを断念した。

2000万ポンド(およそ29.94億円)の彼は89%のパス成功率を誇っており、ピエール=エメリク・オーバメヤングとも旧知の仲だ。

契約は2022年まで残っているが、サウサンプトンは下位に沈んでおり、もし降格することになれば退団を考慮するはずだ。