『OP』は14日、「アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、ホテルで奇妙な要求をした」と報じた。

エステルスンドとのヨーロッパリーグを木曜日に控えているアーセナル。

水曜日のトレーニングを終えた後、チームは現地へと飛び、ホテルにチェックインした。

記事によれば、そこでアーセン・ヴェンゲル監督はスタッフにあるものを求めたという。

それは、スウェーデンで最も有名なウイスキー、マックミラのボトルであるそうだ。

1998年創業という新しい蒸留所でありながら、同国初のウイスキーの大量生産に成功。冷涼な環境を活かした酒造りで、その後多くの賞に輝いてきた。女性マスターブレンダーによってボトリングされる各種商品は全世界で人気を博している。

敵地で勝利をして、ヴェンゲル監督は無事に本場のマックミラを飲むことができるか?