『Sportskeeda』は16日、「現在最も過小評価されている選手たちTOP5」という記事を掲載した。

選手の評価というのは相対的であり、チームの調子が悪ければ目立たなくなり、周りの者が強力なチームなら過大なものになってしまうこともある。

欧州で現在最も過小評価されている選手とは誰なのか?

5位:スソ(ミラン)

スソ 過小評価

リストの最初に入るのは、ミランの24歳のウインガー、スソである。

このスペイン人は、2015年にミランへとやってきてからキープレイヤーの一人になってきた。

彼のパフォーマンスは多くのクラブからの注目を集めている。古巣であるリヴァプールも含めてだ。

重要なパスを出せ、ロングレンジからゴールを決められる本能を持ち、6ゴール3アシストを記録している。パス成功率も76%だ。

一貫性のあるパフォーマンスは、スペイン代表に選ばれるだけのものだ。スソはミランにヨーロッパリーグでの勝利をもたらすかもしれない。

それゆえ、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が率いるACミランでレギュラーを務めていることは、全く疑いを持てないものだ。

重要な指数:スソは1試合平均で2.4本のキーパスを成功させている。