ガラタサライに移籍した長友佑都。

トルコに移住してまだ1ヶ月も経っていないため車が準備できていないようで、現在はあのレジェンドに練習場まで送り迎えをしてもらっているという。

その人物とは、元ブラジル代表GKクラウジオ・タファレル!

セレソンで100試合出場を達成した数少ない選手であり、1994年ワールドカップで優勝を果たした際の正GKだ。

そんなタファレルはガラタサライでプレーした経験を持ち、この1月からはコーチに再任した。長友とは同じマンションに住んでいるようで、送り迎えをしてくれているようだ。

タファレルはイタリアでプレーした初のブラジル人GKであり、パルマやレッジーナにも在籍した。

長友にとっても心強い存在であるようで、「選手よりも早く練習場に来て、準備をしている超プロフェッショナル」とその姿勢に敬意を払っているようだ。