いよいよ開幕する2018シーズンの明治安田生命J1リーグ。

そこで毎年恒例、Qoly編集部もJ1の全順位を予想!各編集部員による昨シーズン予想の反省文とともにお届けしたい(昨季の予想はこちら)。

というわけで、まずは2018シーズンの予想をドン。

J1 2018シーズン予想

編集部K

【昨季の反省文】
レアンドロが開幕戦で怪我をした時点で神戸優勝は諦めた。ポドルスキでワンチャン出てきたかと思ったが…。

【2018シーズン予想!】
Jリーグは中盤や最終ラインの実力に大きな差が出にくく、FWが点を取れるかどうかでかなり影響が出る。今季は各チームに外国人FWがいて読みにくい。逆に言えば誰か当たると一気に上に行ける可能性もあるはずだ。

優勝争いは柏、浦和、川崎と予想。ACLで出だしが悪いのもJリーグに合わせているのでは?

降格は長崎、札幌、湘南。札幌はペトロヴィッチ監督なので、一回はJ2に落ちて、そこから戻ってくる間に強くなっているのでは。

編集部I

【昨季の反省文】
やはり予想は難しいもので、昨シーズンはJ2からの昇格組が全チーム残留した。

自分は札幌を降格と予想していたが、11位に躍進するとは…。すみませんでした!

また、ギリギリで降格を回避したサンフレッチェ広島の低迷も予想できず。

【2018シーズン予想!】
今季は柏の躍進に期待したい。主軸だった武富孝介が抜けた穴は小さくないが、江坂任や小泉慶らを補強。ACLもあるが、それをモチベーションにできれば。

初昇格のV・ファーレン長崎は昨年の札幌のようにいい意味で予想を裏切ってほしいところ…。

編集部S

【昨季の反省文】
最大の誤算は広島の不振(予想は4位、実際は15位)。まぁ、広島の残留争いを予想できた人の方が少ないとは思うが…。

それでも、鳥栖のトップハーフ入りを当てたのは我ながらナイス(予想は6位、実際は8位)!

【2018シーズン予想!】
優勝予想は鹿島アントラーズ。ここまでの仕上がりもまずまずで、優勝争いに絡みさえすれば、流石に同じ轍は踏まないだろう。

戦力を大幅にアップさせた名古屋は上位進出もあるはず。一方で、井手口陽介と川辺駿というキープレーヤーを失ったG大阪と磐田はやや苦戦か。

降格の2チームは、あくまでも消去法での選択。湘南はチョウ・キジェ監督の意気込みが物凄いだけに、今季こそは残留に期待したい。