ビックリ仰天の珍プレーが話題になっている。ドイツ2部リーグ第24節、デュイスブルク対インゴルシュタット戦でそれは起きた。

インゴルシュタットがゴールを決めたシーンで、デュイスブルクGKが全くプレーに関与できていなかったのだ。なぜ!

彼は24歳のオランダ人GKマルク・フレッケン。

実はこの直前にデュイスブルクがゴールを決めていた。だが、オフサイドの判定により得点は取り消しに。デュイスブルクの選手たちはそれに抗議しており、フレッケンはしばらく試合は中断になると思ったらしく、水を飲んでいたのだ。

フレッケンはこの7分ほど前には相手のPKをストップし、チームのピンチを救っていたのだが…。まさに天国から地獄。

ただ、この後に相手に退場者が出て数的有利となったデュイスブルクは後半にPKで勝ち越し。結局、2-1で勝利しており、フレッケンは戦犯にならずに済んだ。

試合後には「もう水をゴール内には置かない」と述べていたそう。

また、この試合のジャッジは色々と物議を醸しているようだ。なお、インゴルシュタットの関根貴大と渡辺凌磨はベンチ入りしなかった。