リーガ第25節、バルセロナはホームでのジローナ戦に6-1で勝利した。

開始3分でまさかの先制を許す展開だったが、ルイス・スアレスがハットトリックを達成するなどゴールラッシュで逆転してみせた。

また、リオネル・メッシが2ゴール、フィリペ・コウチーニョも得点を決めている。

そのなかで特に凄かったのだが、メッシのフリーキック!(動画2分35秒~)。

飛んだ壁の下を打ち抜いて、ゴールを奪ってみせたのだ。まさに超絶技巧の領域…。

メッシはこれでリーガ25試合で22ゴールとなった。

試合後、ジローナのパブロ・マチン監督は「メッシのパフォーマンスにコメントする必要はない。なぜなら彼が最高なのは明らかだから。史上最高だ」などと述べていたそう。