今冬、ベルギーの名門アンデルレヒトに移籍した森岡亮太が25日の試合で初ゴールを含む2得点を記録した。

ホームで行われた国内リーグ第28節、ムスクロンとの一戦。

森岡は26分、ロングボールを味方が頭で落とし、右サイドのヘルケンスが折り返したところに詰めて先制ゴールを決める!

アンデルレヒトでのデビュー戦でPKを外してしまった森岡。これが移籍後3試合目での初ゴールとなった。

森岡はさらに前半アディショナルタイムにPKを獲得。これを味方が決めると、チームは61分までに大量4点をリードする。

その後、立て続けに3失点を喫しよもやの展開となるが、森岡のこの日2点目となるゴールが勝敗を決定づけた!

後半アディショナルタイム、味方のパスにフリーで抜け出す森岡に対し、相手GKがエリア外まで飛び出して対応。しかしバウンドを合わせそこなうと、これを森岡は右足で上手く合わせて無人のゴールに流し込んだ。

森岡はこれでベフェレン時代と合わせ今季9ゴールに。試合は森岡の2得点の活躍でアンデルレヒトが5-3で勝利し、実に6試合ぶりに勝点3を手にしている。