J1開幕戦で、王者である川崎フロンターレに0-3と完敗を喫したジュビロ磐田。

しかし、GKクシシュトフ・カミンスキーには見事なセーブもあった!

0-1とリードされ迎えた42分…

大島僚太のパスカットから、相手陣内で攻撃を始めた川崎。

家長昭博のパスに中村憲剛が右足で合わせダイレクトでシュートを狙ったが、カミンスキーはこれにしっかり反応!

中村のシュートはしっかりとファーサイドを突いていたが、やはりカミンスキーはコースを読めていたようだ。

至近距離からの強烈なシュートをしっかりと読み、それに食らいつくとは…。今季も磐田はカミンスキーの好セーブに救われる機会が増えそうだ。