先週末に行われたプレミアリーグの大一番、マンチェスター・ユナイテッド対リヴァプール戦。

試合はホームのユナイテッドが2-1と勝利し、ナショナルダービーを制した。

ユナイテッドの勝因の一つに挙げられたのが、この日左サイドバックとして出場したアシュリー・ヤングがリヴァプールのエースであるムハンマド・サラーを封じたことだった。

もともとはアタッカーとして名を揚げたヤングだが、近年は守備での貢献度も高く、この試合では粘り強いディフェンスでサラーに一本のシュートしか許さなかった。その熱かった攻防を映像で!

初シュートを許したのは後半アディショナルタイム!32歳のイングランド代表がチーム勝利に大きく貢献した。