日本代表がワールドカップのグループステージで戦うポーランド。

主軸選手のひとりがMFのグジェゴシュ・クリホヴィアクだ。28歳の大型MFはPSGからのローンとしてWBAでプレーしている。

ただ、チームは現在最下位に低迷中で、第30節のレスター戦でも1-4の逆転負けを喫した。

WBAのポーランド代表MFグジェゴシュ・クリホヴィアク

クリホヴィアクはこの試合に先発するも、1-1だった後半14分でベンチに下げられている。

その際、ある問題が起きていた。クリホヴィアクはアラン・パーデュー監督との握手を拒否し、交代への不満を露わにしたのだ。

その後、クリホヴィアクは謝罪したが、指揮官は罰金を科したことを明らかにした。『JOE』などが伝えている。

アラン・パーデュー(WBA監督)

「Greg(クリホヴィアク)は火曜日に私のもとにきて謝った。スタッフにもね。

私はどれほど失望したかを伝えた。罰金を科したことと、我々は前進するということも伝えたよ」