リヴァプールのエジプト代表FWムハンマド・サラーの勢いが止まらない。

プレミアリーグ第31節ワトフォード戦では、なんと「4ゴール1アシスト」の大暴れ!5-0で圧勝した一戦で、全得点に絡む活躍を見せたのだ。

今最もホットなゴールゲット、サラーが決めた全ゴールを見るべし!彼がアシストしたロベルト・フィルミーノのバックヒール弾も必見だぞ。

サラーは今季のリーグ戦の得点数が28に到達。また、エジプト人として初めてプレミアリーグでハットトリックを達成した選手にもなった。

さらに、この日のシュート数は4本だったそうで、プレミアリーグにおいてシュート4本で4ゴールを奪ったのは、2009年のアンドレイ・アルシャヴィン以来のこと。なお、アルシャヴィンが得点した相手はリヴァプールで、会場はこの日と同じアンフィールドだった。

サラーにズタズタにされたワトフォードのハビ・ガルシア監督も「サラーは現在最高の選手のひとり」とお手上げだった模様。

リヴァプールは代表明けにクリスタル・パレスと対戦する。サラーのゴールラッシュは見られるだろうか。