『The SUN』は17日、「サンダーランドに所属しているアイルランド代表MFダロン・ギブソンは、飲酒運転で事故を起こしたため逮捕された」と報じた。

ダロン・ギブソンは1987年生まれの30歳。マンチェスター・ユナイテッドの下部組織からトップチームに昇格し、2012年までプレーしていた選手だ。

その後はエヴァートンへ移籍し、昨季途中に2部のサンダーランドに加入。リーグでは今季これまで15試合に出場していたが、このところは怪我で出場していない。

記事によれば、事故が発生したのは土曜日の午前中だという。

サンダーランドの静かな住宅街を通っているダヴデイル・ロードで、7万5000ポンド(およそ1110万円)のメルセデスを運転していたダロン・ギブソン。

彼はかなりのスピードで走っており、何らかの理由で駐車されていた日産・ノートに衝突した。

その後車両の列に突っ込み、複数台に衝突したあと停止したという。

駆けつけた警察によって、ダロン・ギブソンは飲酒運転の疑いで身柄を拘束されたとのこと。彼は髭も剃っていない容貌だったようだ。

ロイファー・ルイス(被害者の一人)

「大きな衝突音を聞いて外に出た。自分の車を発見すると、道から跳ね飛ばされていたよ。信じられなかった。

彼は日産・ノートに衝突し、コントロールを失ったのだと思う。彼はさらにメルセデスに当たり、壁に衝突し、また他の車を破壊した。

まるで傷口に塩を塗られるように、皆が『運転していたのはダロン・ギブソンだ』と言った。私はサンダーランドのファンだ。このシーズンにこんなことまで加わってしまった」

サンダーランドは今季2部で最下位に沈んでおり、3部降格の可能性がかなり高くなっている。

ダロン・ギブソンは2015年に日産・スカイラインGT-Rを運転している際、3名のサイクリストと衝突したうえ、ガソリンスタンドに突っ込むという事故を起こした。

検査の結果基準値を超えるアルコールが検出され、20か月の運転禁止命令、200時間の奉仕活動、5700ポンド(およそ80万円)の罰金を命ぜられていた。

また昨年7月には、セルティックとのプレシーズンマッチで大敗した後、バーで酒を飲みながらファンと口論する映像が流出。

それを受けてサンダーランドはクラブとして懲戒処分を加えており、ギブソンは謝罪に追い込まれていた。