先週末に行われたJ1第4節、浦和レッズ戦で今季初白星を飾った横浜F・マリノス。

MF扇原貴宏は前節に続く先発起用となったのだが、前半にはこんなシーンがあった。

※01:43から

25分、横浜FMはダビド・バブンスキーが倒されフリーキックを獲得をすると、キッカーに名乗り出たのは扇原貴宏。

ゴールまで30mほど距離から直接枠に飛ばすも、これはGK西川周作の攻守に阻まれた。

ボールは無回転気味であったのかGKの手元で変化しており、、西川もはじき出すのがやっとであった。

横浜FMには天野純というフリーキックの名手もいるが、今季は扇原がセットするシーンも見られるかもしれない。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています