『Mirror』は20日、「アーセナルは、レヴァークーゼンのドイツ代表GKベルント・レーノを狙っている」と報じた。

先日、イタリア・セリエAのナポリが獲得に動いていると伝えられたレーノ。

ペペ・レイナがミランに移籍する可能性が高まっている彼らは、代わりとなる守護神を探しており、アリソン(ローマ)よりも安いレーノに目をつけたと言われる。

しかし今回、やや衰えが見え始めたペトル・チェフの後釜を探しているアーセナルが、レーノの獲得に動き始めたとのことだ。

記事によればその入札額は2500万ポンド(およそ37.23億円)に至るとのこと。ナポリは2000~2500万ユーロ(およそ26.2~32.8億円)と言われており、アーセナルが大きく上回っている。

ただ、関心を抱いているのはこの2チームだけではなく、リヴァプールも彼をチェックしているとのこと。

注目のレーノ、今夏はどのような価格でどこへ行くのか?それとも残るのか?