レギュラーシーズン最終戦でハットトリックの大暴れを見せ、オイペンの1部残留に大貢献した豊川雄太。

豊川のほか、森岡亮太や久保裕也もプレーするベルギー1部では今週末からプレーオフがスタートする。

大逆転で残留を決めたオイペンは、UEFAヨーロッパリーグ予選への出場権を懸けた戦いに臨む。

それに向けて、レギュラーシーズン3位だったシャルルロワとの練習試合を実施。

豊川は後半からの出場すると、60分と64分に得点。2ゴールの活躍を見せた。

『L'Avenir』でも、「ムスクロン戦でハットトリックを達成し、残留のヒーローになった日本人トヨカワが2発」などと伝えている。なお、ひとつはヘディングでのゴールだったようだ。

オイペンはプレーオフ初戦で2部ベールスホットと対戦する。

下位グループのプレーオフには、1部だけでなく2部の上位チームも参加。つまり、2部チームがEL予選に出られる可能性もあるようだ。このあたりがベルギーのプレーオフの面白いところだ。