『Daily Star』は26日、「ウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、自分は中国でもうまくやれると話した」と報じた。

現在行われているチャイナ・カップに参加したウェールズ代表。初戦で中国代表と対戦し、ベイルのハットトリックもあって快勝した。

ウルグアイとの決勝戦を前にした記者会見で、ベイルは以下のように話し、将来的な中国移籍の可能性を匂わせた。

ギャレス・ベイル

「中国は素晴らしい国で、素晴らしい人達がいる。

自分の将来については、あまり確信を持ってはいない。正直に言って、本当にそれはわからない。

しかし、もしここ(中国)に来ることがあれば、とてもうまくやれるだろう。そう確信できる。

中国に来たときはいつでも、このように素晴らしい歓迎を受ける。中国のファンからね。

我々全員をとても暖かく迎えてくれる。僕だけではなくね。彼らはとても良くしてくれるよ」