27日(火)に行われた日本対ウクライナの国際親善試合。

結果は1-2でウクライナが勝利したが、この一戦で日本の脅威となったのがDFヤロスラフ・ラキツキーだ。

センターバックとして先発出場したラキツキーは最終ラインから高速かつ正確なフィードで攻撃を司り、21分には強烈なシュートから先制ゴールをもたらした(記録上はオウンゴール)。

そんなラキツキーは世界でも屈指の左足を持つセンターバックとして知られるが、今季のUEFAチャンピオンズリーグでも素晴らしいパスでゴールを演出している。

※01:59から

こちらは今季のRound of 16、シャフタール・ドネツク対ローマ戦のハイライト。

1-0とリードされ迎えた52分、最終ラインでボールを持っていたラキツキーがローマDFの背後に鋭いパス!するとここにファクンド・フェレイラが走り込み、コスタス・マノラスを上手くかわして同点弾をマークした。

DFながらこのレベルのボールを供給できるなんて…。

2015-16シーズンのメタリスト・ハルキフ戦ではこんな超ロングシュートも!

またラキツキーは、CLのバルセロナ戦でもゴールをあげた経験がある。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら