本日27日、欧州遠征第2戦としてウクライナと対戦する日本代表。

ワールドカップ本大会に向けた選手によるサバイバルとともに、4日前のマリ戦で見られた課題をどの程度修正できるかが注目される。

大事な一戦に向け、キャプテンの長谷部誠はこのように語った。

話しぶりから選手間のコミュニケーションについては少なからず改善が期待される。また、この試合の位置づけにも触れており、その言葉通りぜひとも“良い感触”を掴んでもらいたいところだ。

なお、日本代表のスターティンメンバーがすでに発表され、長谷部はマリ戦に続き先発の11人に名を連ねている。