日本代表が27日に対戦するウクライナ代表。残念ながら予選敗退によりロシアW杯は出場しないが、代表チームはUEFAネイションズリーグやユーロ2020に向けて動き出している。

ここでは、そのウクライナ代表のユニフォームを紹介したい。現行モデルはキットサプライヤーがJomaに変わって最初のキットで、ちょうど1年前の2017年3月にリリース。これまで主にW杯予選で使われてきた。

2018年ロシアW杯の各国新ユニフォーム情報はこちら!

Ukraine 2017 Joma Home

ウクライナ代表 2017 Joma ホーム ユニフォーム

イエローを基調にブルーの差し色はホームキットの伝統的なカラー。両脇やエンブレムに重ねるようにして配した花柄のような模様が目を引くが、これはチームエンブレムを4つ組合せてウクライナの伝統的な民族調の模様に仕上げたもの。

ウクライナ代表 2017 Joma ホーム ユニフォーム

パンツ、ソックスともにイエローを基調。パンツにも民族調の模様を配した。ソックスの前面にはメーカーロゴのグラフィックが入る。パンツ、ソックスがシャツと同色なのはアウェイキットも共通の仕様。