チャナティップ、ティーラシン、ティーラトンなどのタイ人選手がJリーグでプレーし、日本人にとって以前より身近になったタイ代表。

23日から26日にかけて毎年恒例の国際大会「キングスカップ」を開催したが、そのタイミングに合わせてキットサプライヤーのWarrixが新しいユニフォームを発表した。

故プミポン前国王陛下の崩御に伴う服喪期間だったこともあり、昨年のユニフォームは異例のブラック(ホーム)とホワイト(アウェイ)だったが、喪が明けてユニフォームには再びいつもの色が戻ってきた。

2018年ロシアW杯の各国新ユニフォーム情報はこちら!

Thailand 2018 Warrix Home

タイ代表 2018 Warrix ホーム ユニフォーム

再びブルーが戻ってきたホームキット。今回のエンブレムはゴールド一色のモノクローム仕様となっている。レプリカ版はエンブレム上にタイ国旗を配しているが、選手用ユニフォームには国旗ではなく王冠「五種の神器」が付く。

タイ代表 2018 Warrix ホーム ユニフォーム

袖部分の色はネイビーを使い、メリハリが効いたカラーリング。レプリカシャツはリバーシブル仕様で、裏返すとダズル迷彩柄のようなデザインに。左胸には“Mission of Honor”(名誉の使命)とプリントしてある。

パンツ、ソックスともシャツと同じブルーを基調としている。ホームキットはキングスカップ決勝のスロバキア戦で初使用。残念ながら試合は2-3で敗れた。