――森選手はサッカー観がすごく確立されている印象を以前から受けます。どの時期にそのベースができたのでしょうか?

小学校や中学校の時期からいろいろ考えてやるようにはしていました。

特に中学時代ですかね(※森は静岡県の清水出身で中学時代は清水エスパルスジュニアユースに所属)。ボールを大事に扱ったり簡単に失ったりしないことを常に意識するようになりました。

――沖縄SVの高原代表は清水東高校時代の1年先輩です。現在ここでプレーしているのもその繋がりが大きいと思うのですが、お二人はどんな感じの関係なのですか?

高原さんに一番最初に誘っていただいたので、家族も向こうですし不安はありましたが、先輩のチャレンジを手助けというと大げさですが少しでも関われたらいいなと思って沖縄へ来ました。関係性は全然普通です。何かあったら言いますし(笑)。

――今後の目標について教えてください。

選手としてスピードやフィジカル的には落ちていますが、やはりこの年齢になっても技術など「サッカーをもっと上手くなりたい、サッカーをもっと知りたい」という気持ちが強いです。チームが今年JFLへ昇格できるよう、選手としてもコーチとしても成長していきたいですね。

指導者としてはS級(コーチライセンス)を取りたいと思っているので、まずはそこを目標に日々勉強していきたいです。昨年ようやくA級を取ることができましたが、やはりJリーグなどで仕事をする場合はS級を求められます。引退後もサッカーに携わっていくために次の目標にしています。

森勇介

Jリーグ時代はピッチ内外での言動がたびたび問題となった一方、チームメイトから“兄貴分”として慕われることも多かった森。サッカーに対する考え方は非常にはっきりしており、また頭の回転が速いことも以前から印象的だった。

引退後もサッカーに携わるため着々と準備を進めている彼が、どのような指導者になっていくのか。

とはいえ、選手としてまだ現役!そのプレーが見られるのはおそらくあと少しであり、ぜひ今週末に開幕する九州リーグやその先の大会で、いまだ攻撃マインドあふれる彼のプレーを見てもらいたい。