『Sportskeeda』は、「サッカーファンによって過小評価されているトッテナムの5選手」という記事を掲載した。

マウリシオ・ポチェッティーノ監督の下で大きな成長を遂げているトッテナム・ホットスパー。多くの若手がブレイクしており、プレミアリーグ優勝も夢ではない状況にある。

そのチームの中で活躍ほどの評価を与えられていない選手とは?

ヤン・ヴェルトンゲン

ヤン・ヴェルトンゲン 過小評価

ポチェッティーノ監督の下、トッテナムはプレミアリーグでも最もタフなディフェンスラインを作ってきた。

2015-16、2016-17シーズンは最も少ない失点数を記録した。今季はマンチェスター・シティに上回られているが。

その守備の強さは、ポチェッティーノの指導とトビー・アルデルヴァイレルトの存在で語られがちだ。

しかし現実的に言えば、そのパートナーとなっているヴェルトンゲンの存在も力を加えている。

アルデルヴァイレルトが離脱したときも、彼とダビンソン・サンチェスのペアは全く問題なかった。

ハリー・ケインを別にすれば、実はチームで最も重要な選手となっていると考えられる。ただ、それほどまでの評価を得てはいない。