4大会連続5回目のW杯出場が迫っているオーストラリア代表。そのロシアW杯で着用する新しいユニフォームが5日、キットサプライヤーのNikeとFFA(オーストラリアサッカー連盟)の両方から発表された。

今回のユニフォームはホーム、アウェイともに従来の物とは一線を画す、特徴的なグラフィックを施したデザインに仕上がっている。

2018年ロシアW杯の各国新ユニフォーム情報はこちら!

Australia 2018 Nike Home

オーストラリア代表 2018 Nike ホーム ユニフォーム

色は伝統的なゴールド/グリーンだが、Nikeによるとホームキットのデザインは、2005年11月に行われたドイツW杯予選・大陸間プレーオフ第2戦のスタジアムで見た光景「金の海」にインスパイアされたという。

ウルグアイ代表と争った大陸間プレーオフ。アウェイでの第1戦を0-1で落としたオーストラリア代表は第2戦を前に、スタジアムを「金の海」にしてサポートして欲しいとファンに要望。結果、82,000人を超える大観衆によってスタジアムはゴールドで埋め尽くされ、後押しを受けた代表チームはPK戦の末に32年ぶりの本大会出場を決めた。

オーストラリア代表 2018 Nike ホーム ユニフォーム

両袖と肩のグラフィックがユニークだが、デザインが「金の海」だけあって、これは岸に向かってくる海の大波(ローリング・ウェーブ)を描いている。

オーストラリア代表 2018 Nike ホーム ユニフォーム

レプリカユニフォームのエンブレムは、FFAのシンボルマークを中心にカンガルー(左)とエミューの2頭の動物が描かれている。

オーストラリア代表 2018 Nike ホーム ユニフォーム

一方こちらは選手用のユニフォームで、エンブレムはレプリカ版とは異なり、オーストラリア国章に近いデザインの物を使用している。