ヴァイッド・ハリルホジッチ氏を電撃的に解任した日本サッカー協会は、技術委員長を務める西野朗氏を日本代表の新たな指揮官に任命した。

ここでは、『Trasnfermarkt』を参考に、日本代表を指揮した主な監督たちの在籍日数を見てみる。

原博美氏(暫定監督)

2010年7月~2010年9月:2か月7日

ハビエル・アギーレ

2014年7月~2015年2月:6か月9日

ファルカン

1994年7月~1995年6月:11か月30日

イビチャ・オシム

2006年7月~2007年11月:1年4か月9日

ハンス・オフト

1992年3月~1993年11月:1月10か月1日

岡田武史(第1次)

1997年7月~1999年6月:1年11か月30日

岡田武史(第2次)

2007年12月~2010年7月:2年6か月21日

加茂周

1994年12月~1997年10月:2年10か月3日

ヴァイッド・ハリルホジッチ

2015年3月~2018年4月:3年28日

アルベルト・ザッケローニ

2010年8月~2014年6月:3年9か月26日

横山謙三

1988年7月~1992年6月:3年11か月30日

ジーコ

2002年7月~2006年7月:4年

フィリップ・トルシエ

1998年7月~2002年8月:4年1カ月1日

森孝慈

1981年1月~1985年12月:4年11か月29日