さきほど発表された、日本代表ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任。

日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は、その理由について「選手との信頼関係が多少薄れてきた」と述べた。

ワールドカップの開幕まであと2ヵ月と迫った段階で明らかになった今回の人事。タイミングや後任について疑問視する声も多いが、鹿島アントラーズDF西大伍のあるツイートが注目を集めている。

今日から10日前にあたる3月30日(金)、西が投稿した内容は以下の通り。

レスリング界のパワーハラスメント問題が明らかになるなか、「相撲もレスリングも、サッカーも野球も、問題の根本は同じところにあるかも」と記し、「責任は1番上が取らないとね」と綴っていたのだ。

まるで、田嶋幸三会長の辞任を求めるファンの気持ちを代弁しているかのような内容である。もちろんこの段階ではハリルホジッチ監督の解任は未決定であったのだが…。

このツイートは10日が経過したこのタイミングで再び拡散されており、RT(リツイート)数は1000近くにまで及んでいる。