『Tuttosport』は8日、「イタリア・セリエAのミランは、キ・ソンヨンとドメニコ・ベラルディの獲得を狙っている」と報じた。

キ・ソンヨンは以前からミランが来季の戦力として獲得を考えていると言われている選手の一人。

スウォンジー・シティでプレーしている29歳の韓国代表MFは、今季限りで契約が満了となる予定だ。

ミランのマッシミリアーノ・ミラベリSDは、中盤にクオリティとフィジカルを加えたいと考えており、キ・ソンヨンが最適だとしているようだ。

そして、ドメニコ・ベラルディはサッスオーロに所属しているイタリア代表FW。

かつてはユヴェントスに保有権を買い取られた経験を持つが、後にサッスオーロに買い戻されている。

ミランとの相性がいいことでも知られており、何度も直接対決で活躍を見せてきた。

ミラベリSDは「スソがチームを離れた場合のバックアップ」としてもベラルディが最適だと考え、獲得に向けて動いていくようだ。