先日行われたUEFAチャンピオンズリーグの準々決勝レアル・マドリー戦で、悔しい敗退を喫したユヴェントス。

0-3の状況から一時3-3に追いつくも、試合終了間際にPKを与えてしまい、最後の最後で決勝ゴールを許した。

そんな疑惑のジャッジをめぐり、GKジャンルイージ・ブッフォンは猛抗議。これによりレフェリーはレッドカードを提示し、ブッフォンはPKの結末を見る前にピッチ上から姿を消した。

大逆転勝利を目前で逃し、やはり尋常ではないほど悔しかったのだろう。試合後のミックスゾーンでも、強い口調でレフェリーの判定を批判した。

普段は非常に紳士的であるブッフォンがこれだけ熱くなっているのは珍しい。

そして、「殺し屋」や「獣」といった非常にセンセーショナルな言葉を使いながら、そうしたジャッジを下せるのは「あるべき場所にゴミ箱がある人間だけ」とかなり強い口調で主審のマイケル・オリヴァーを批判した。