プレミアリーグ降格の危機にあるサウサンプトン。第34節ではホームでチェルシーを迎え撃った。

吉田麻也も先発した一戦で、セインツは後半15分までに2点をリードする最高の展開。だが、その後流れは一変する。

途中投入のオリヴィエ・ジルーに2ゴールを許すなど、8分間の間に3失点を喫してしまったのだ。

結局、2-3で逆転負けとなり、サウサンプトンにとっては痛恨の敗戦となってしまった。

一方、チェルシーがリーグ戦で2点ビハインドから逆転勝ちするのは、2002年以来のことだったそう。

ヤン・ベドナジェク(サウサンプトンDF)

「同じ状況が2試合も続いている。イラつくね、勝点が必要なのに、同じ形で負けてるんだから。

試合終盤はもっと集中する必要がある。集中を失ったことが負けた理由だ」

「もちろん自分のプレミアリーグ初ゴールは嬉しいけど、チームのほうがより大事だ。

3失点を喫した10分間を除けば、とてもいい試合ができていた。ポジティブさを保って、戦い続けなきゃいけない」

また、マーク・ヒューズ監督は「2-0でのリードはいつだって守るのが難しいもの(スコア)だ」とも述べていた。

サウサンプトンは残り5試合で、残留圏との勝点差は5ポイントある。