『Tuttosport』は15日、「ACミランのFWスソとナポリのMFホセ・カジェホンがトレードされる可能性がある」と報じた。

ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下でブレイクを果たし、ミランの中心的なアタッカーに成長したスソ。

指揮官がガットゥーゾに代わった後も重要な存在となっており、攻撃には欠かせない選手といえる。

しかしこのところ、今夏のマーケットでミランを離れるのではないかという噂が流れている。

ミランとの契約には4000万ユーロ(およそ53億円)の解除条項が付随しており、リヴァプールが買い戻しを狙っているとも。

しかし今回伝えられたのは、同じイタリア・セリエA内での取引だ。

狙っているのはナポリで、同じスペイン代表のFWホセ・カジェホンとのトレードという形で獲得する可能性があるというのだ。

スソはキャリアの次のステップを目指しており、ナポリへの移籍を前向きに考えているとも。

ただ、カジェホンはミランがチャンピオンズリーグ出場権を獲得しない限りは承諾しないという。

他にもトッテナム・ホットスパーなど多くのクラブが関心を持っていると言われるスソ。今夏ミランを離れてしまうのだろうか…。