ついにアーセナルの指揮官から退任することになったアーセン・ヴェンゲル監督。

彼が残した22年間の功績には、各方面からあらためて賛辞が送られている。かつてヴェンゲルが指揮したモナコの現監督であるレオナルド・ジャルディン氏も、こう讃えた。

ヴェンゲルを「サッカー界における偉大な王」だと評したジャルディン氏。若手を育てる哲学とともに22年間も指導を続けてきたことについて、現代ではおそらく不可能なことだとも述べていた。

ベネズエラ生まれのポルトガル人であるジャルディン氏は、1974年生まれの43歳。スポルティング・リスボンでウィリアン・カルヴァーリョらを登用して評価を上げた次世代を担う若手監督のひとりだ。