先週末に行われたFAカップの準決勝。

サウサンプトンと対戦したチェルシーは2-0で勝利し、決勝戦に駒を進めた。

そんなこの試合で先発起用の期待に応えたのがFWオリヴィエ・ジルー。リオネル・メッシを思わせる柔軟なドリブルから先制点をマークした。

※01:08から

0-0で迎えた46分、チェルシーはセスク・ファブレガスのパスをエデン・アザールが上手くトラップ。

ボールを沈めペナルティエリア内にボールを送ると、走り込んできたジルーが絶妙なコントロールで相手選手を次々にかわす!

結局は吉田麻也を含むDFの間を上手く抜けていき、見事な3人抜きゴールを決めた。

英国『The Sun』では、このシーンをスーパースローの映像で紹介。

ジルーは先日行われたプレミアリーグでのサウサンプトン戦でも2ゴールをあげており、1週間の間で同じ相手から3ゴールを決めたことになる。