『Daily Mail』は25日、セルティックのスコットランド代表DFキーラン・ティアーニーのインタビューを掲載した。

今季のキルマーノック戦でロングシュートを決め、その週の最優秀ゴール賞を獲得した20歳のDFティアーニー。水曜日にはPFA年間最優秀若手選手賞にもノミネートされた。

セルティックは今週末グラスゴー・レンジャーズとのオールドファーム・ダービーを戦うことになっており、しかも勝利すればリーグ7連覇が決まる。

ティアーニーはこの試合に向けて以下のように話し、中村俊輔がレンジャース戦で決めた2008年のゴールについても語ったという。

彼は10歳のとき、当時セルティックに所属していた中村俊輔からスパイクをもらったことでも有名である。

キーラン・ティアーニー

「あれは驚きだったね。40ヤード(36.5メートル)はあった。

あの日曜日のゴールはそれを上回るかもしれないね。どうなるか見てみようよ」

(2008年のオールドファームで生まれた中村俊輔のゴールは覚えている?) 「僕はかなり小さかったから、ぼんやりとね。

だけど、40ヤードの位置から中村俊輔が素晴らしいゴールを決めたという、いい思い出があるよ。

あれは自分の最も大きな記憶の一つだ。あまり良く覚えてはいないけど、初めて試合を見てからそれほど経っていなかった。

あのようなゴールは決して繰り返されないものだ。ましてや、オールドファームというビッグゲームで」