セリエAの大一番、インテル対ユヴェントスのダービーは激闘となった。

インテルは退場者を出しながらも、エースFWマウロ・イカルディのゴールなどで逆転。だが、終了間際に2失点して、2-3で逆転負けを喫してしまった。

そのなかで、戦犯とされてしまったひとりが、インテルDFダヴィデ・サントン。

85分という時間帯にイカルディに代わって投入されたものの、フアン・クアドラードに突破を許すなど失点に絡んでしまったのだ。

『Gazzetta dello Sport』などによれば、サントンと彼のパートナーであるクロエ・サンダーソンさんのSNSアカウントには中傷メッセージが殺到するなど炎上騒ぎになっているという。

レイプや死の脅迫、そして癌になれ、というようなものまであったようだ。

クロエ・サンダーソン

「この種の人間に対しては言葉がない。試合に関連して死の脅迫、レイプ、病気を願うコメントをする人間がいる」

「金があればこういう類のコメントを減退させられる(?)と信じている無知な人々に告げる。私の父は最近、膵がんで亡くなったし、金は彼を助けてはくれなかった」

「カルチョが情熱的なスポーツなのは分かっているし、理解もしている。

でも、自宅で息子と1人でいるのが恐くなったのは人生初。自分自身を守るように言われ、夫が無事に帰って来られるかを心配するなんておかしい」