W杯欧州予選は所属したグループFを4位で終えたスロベニア代表。2010年大会以来3度目の本大会出場を目指したが、願いは叶わなかった。

次なる目標としてEURO 2020への出場を目指すことになるが、そんなスロベニア代表の新ユニフォームとチームウェアが、3月のインターナショナルマッチ・ウィークに合わせてリリースされた。きれいなコバルトブルーが印象に残るデザインの数々だ。

2018年ロシアW杯の各国新ユニフォーム情報はこちら!

Slovenia 2018 Nike Home

スロベニア代表 2018 Nike ユニフォーム

ホームはホワイトを基調に、国旗や国章にも描かれているスロベニアの名峰トリグラフ山を、ブルーのグラフィックでデザイン。近年のスロベニア代表ユニフォームではお馴染みのデザインとなっている。

スロベニア代表 2018 Nike ユニフォーム

背面はシンプルにホワイト一色。写真はレプリカユニフォームなので分かり難いが、素材にはギザギザのグラフィックが特徴的なヴェイパーニットを採用している。

スロベニア代表 2018 Nike ユニフォーム

2007年モデルから使われている現在のエンブレム。小さな図柄はスロベニア国章で、文字「NZS」は“Nogometna Zveza Slovenije”(スロベニアサッカー協会)の略称。