『La Stampa』など各メディアは、「イタリアサッカー連盟(FIGC)副委員長のアレッサンドロ・コスタクルタ氏は、来季からBチームのリーグ参入を許可すると明かした」と報じた。

スペインやドイツ、フランス、ポルトガルなどのリーグで導入されている「Bチーム」の参入。日本でもJ3で複数クラブが戦っている。

トップチームと同じディビジョンで戦うことはできないが、リザーブチームをプロリーグで競わせることができるシステムだ。

若い選手が経験を積める機会を増大させ、底上げに繋げていこうという狙いである。

そして今回、アレッサンドロ・コスタクルタ氏は「来季からレガ・プロ(3部)にBチームの登録を申請できることを確認したとのこと。

条件については以下の通りとなっている。

・Bチームは21歳未満の選手で構成され、23歳未満の選手を2名オーバーエイジで登録できる

・Bチームは、レガ・プロに登録できなかったチームの代わりとして参入する

・イタリア人選手の登録義務があるが、人数については検討中

・トップチームと同じディビジョンには入れないが、昇格と降格は可能

なお、このシステムを求めていたのはユヴェントスやACミランなどアカデミーが充実しているクラブら。

ポルトガルではBチーム制度が導入されて以降ビッグチームへの選手の集中が更に進む一方、若手のブレイクは増加した。ジョアン・カンセロらはその最たる例である。イタリアではどのような効果を表すだろうか?