今シーズン限りでアーセナルの監督を退任するアーセン・ヴェンゲル。

この間に率いてきたチームは一つだが選手の編成は毎年変わるため、22ものチームを見てきたとも言える。

では、ヴェンゲル監督が指導したチームの中で、最も強かったのはいつなのだろうか?

記者会見で以下のように答えた。

ヴェンゲル監督が真っ先に触れたのは、プレミアリーグで無敗優勝を成し遂げた2003-04シーズンのチーム。ティエリ・アンリやパトリック・ヴィエラの全盛期であり、“The Invincibles“と呼ばれた伝説のチームだ。

ヴェンゲル監督就任後、初めてプレミアリーグを制した1997-98シーズンのチームも「遥かに高いクオリティを持っていることに気づけた」という点でお気に入りであるそう。

さらに、ソル・キャンベルの補強に成功した2001-02シーズンのチームについても、「傑出した力を持つ選手を加えられた」と話すなど評価しているようだ。