記事によれば、ポチェッティーノ監督は現在のメンバーの負担を減らすための競争相手を求めているとのこと。

特に前線を補強したいと考えており、一人はマンチェスター・ユナイテッドのFWアントニ・マルシャルだ。

アントニ・マルシャル トッテナム

そして、ウイングとしてはクリスタル・パレスのFWウィルフリード・ザハを考えているとのこと。

ウィルフリード・ザハ トッテナム

上記の二人については獲得に大きな資金が必要と考えられており、クラブ記録の額になると予想されている。

また、若手有望株として注目しているのがフラムのライアン・セセニョンである。

ライアン・セセニョン トッテナム

一方、アルデルヴァイレルト、ダニー・ローズ、ムサ・デンベレ、フェルナンド・ジョレンテ、ムサ・シソコらが退団する可能性がある。

彼らがいなくなるとすれば、トッテナムはその後釜となる選手も獲得せねばならなくなる。

ポチェッティーノ監督のため、クラブは1億ポンドの予算を提供することを許すだろうか?