欧州主要リーグはシーズンが終了し、早くも来季に向けた話題に移りつつある。

FCポルトは元スペイン代表GKイケル・カシージャスとの契約を2018-19シーズン末まで延長したと発表した。

2015年にレアル・マドリーから移籍したきたカシージャスは36歳になった。今季は一時控えに回ることもあったが、1年間の延長に合意した。

また、バイエルン・ミュンヘンも契約満了予定だった元オランダ代表FWアリエン・ロッベンとの契約を1年間延長した。

34歳になったロッベンも、2019年6月末までの延長に合意している。